ブログのバックアップを!ブログバックアップ設定と復元2つの方法

バックアップ

大切なWordPressブログをバックアップしましょう。

悪意のある人にブログに侵入されて内容を改ざんされてしまった。

WordPress本体を自分でカスタマイズをしようとしたらエラーが出ておかしくなった。

ブログを運営していてこんなトラブルにあうかもしれません。

万が一の時に備えて大切なブログのバックアップしておきましょう。

バックアップしておけば、安心です。

この記事では、ブログのバックアップ設定と復元2つの方法について解説します。

はWordPressブログのバックアップの2つの方法

①レンタルサーバーが提供するバックアップサービスを利用する

②WordPressのプラグインBackWPupをインストールして使う

目次

WordPressでバックアップすべきもの

まずWordPressの構成を少し理解しましょう。

簡単にいうとWordPressは、「ファイル管理」と「データベース管理」という2つの仕組みでなりたっています。

「ファイル管理」と「データベース管理」
WordPressの2つの仕組み
  • ファイル管理 ― テーマや画像やプラグインなどの管理
  • データベース管理 ― WordPressを動かすためのデータベースの管理

この2つの両方が正しく動かないとWordPressがうまく動きません。

そしてこの2つはそれぞれ別の場所に保管されています。

ブログをバックアップして、バックアップファイルから元の状態に戻す時には、この2つ両方をバックアップして元に戻すということになります。

WordPressブログのバックアップの2つの方法

ここではWordPressブログのバックアップの2つの方法を解説します。

はWordPressブログのバックアップの2つの方法

①レンタルサーバーが提供するバックアップサービスを利用する

②WordPressのプラグインBackWPupをインストールして使う

WordPressで機能を追加できるソフトウエアのことをプラグインと呼びます。

レンタルサーバーが提供するバックアップサービスを利用する方法は、私も利用しているエックスサーバーの場合を例に説明します。

エックスサーバーの公式ホームぺージ以下のように記載があるように、エックスサーバーでは無料の自動バックアップ機能を提供しています。

特に申し込みも必要なく、エックスサーバーと契約すれば簡単に利用できます。

KOHEI

以下の公式ホームページで内容が確認できます!

\  7/21まで初期費用0円&月額20%OFF!/

もうひとつのバックアップの方法はWordPressのプラグインBackWPupをインストールして使う方法です。

レンタルサーバーにバックアップのプランがない場合や、万が一に備えて複数のバックアップデータを取りたい場合などに利用するといいですね。

BackWPupはWordPressのデータをバックアップできる定番のプラグインです。

またWordPressのプラグインBackWPupは、多くの人が利用しているので安心です。

ただバックアップの復元などの作業が初心者にとってはハードルが少し高いかもしれません。

まずはレンタルサーバーのバックアップサービスを利用して、慣れてきたらプラグインも併用するのが良いです。

では、ここから2つの方法をそれぞれ解説します。

エックスサーバー提供のバックアップサービスを使う

ブログを始めた初心者は覚えること、やることがたくさんあります。

レンタルサーバーと契約をしたときに、すでにバックアップサービスが含まれているというのは安心ですし手間もかかりません。

プラグインBackWPupも合わせて使うのが良いと思いますが、レンタルサーバーのサービスと比較すると設定や復元が知識の少ない人にはやっかいです。

そんな理由から初心者は特にバックアップサービスのあるレンタルサーバー会社を選ぶのがおすすめです。

KOHEI

初心者はまず、レンタルサーバーのバックアップサービスを利用しましょう!

エックスサーバーでは、下記のバックアップデータを毎日とっています。

・Webデータ(WordPressなど)・メールデータ:7日間
・MYSQLデータベース:14日間

手動バックアップや復元作業も管理画面からできますし、いざという時は問い合わせもできるというのが初心者にはとても心強いはずです。

WordPressのプラグインBackWPupを使う

ここからはWordPressのプラグインBackWPupの設定と使う方法を解説します。

WordPressで機能を追加できるソフトウエアのことをプラグインと呼びます。

BackWPupのインストールと有効化

それではBackWPupをWordPressにインストールしていきましょう。

WordPressの管理画面から①「プラグイン」→②「新規追加」をクリックします。

①「プラグイン」→②「新規追加」

右上の検索窓に「BackWPup」と入力して検索すると、「BackWPup」が表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

BackWPup

インストールが完了すると以下のようになるので「有効化」をクリックします。

有効化

これでBackWPupが有効化されました。

このような画面になって左側のバーに「BackWPup」が表示されています。

ようこそ

BackWPupの設定方法

BackWPupのインストールと有効化は完了しましたが、バックアップを取るためにはBackWPupの設定を行う必要があります。

バックアップの方法には自動バックアップと手動バックアップがあります。

BackWPupの自動バックアップの設定方法

WordPressの管理画面にログインして、①「BackWPup」→②「新規ジョブを追加」をクリックします。

「新規ジョブを追加」

表示された画面で①「一般」タブをクリックして、②「このジョブの名前を決めて入力」します。

KOHEI

ジョブの名前は何でも良いです!

このジョブの名前を決めて入力

次に以下の部分までスクロールします。

③「フォルダへバックアップ」にチェックを入れて、④「変更を保存」をクリックします。

③「フォルダへバックアップ」にチェックを入れて、④「変更を保存」をクリック

ページ上部に、以下の赤枠のような表示が出ればジョブの追加は完了です。

表示が出ればジョブの追加は完了

次にバックアップのスケジュールを設定します。

上部の①「スケジュール」タブをクリックして、②「WordPressのcron」を選択します。

バックアップのスケジュール

次に以下のスケジューラーという部分までスクロールします。

「毎日」を選択して、バックアップを取る時間を設定します。

設定後に「変更を保存」をクリックします。

スケジューラー

バックアップの設定時間は何時でも良いですが、アクセスが少ない早朝がおすすめです。

これで自動バックアップの設定は完了しました。

BackWPupの手動バックアップの設定方法

次は今すぐバックアップを取りたいという時のための、手動バックアップの方法をお伝えします。

WordPressの管理画面、①「BackWPup」→②「ジョブ」をクリックします。

手動バックアップ

先ほど作成した「毎日Backup」というジョブがあるので、「今すぐ実行」をクリックします。

今すぐ実行

バックアップが開始されます。

バックアップが開始

「ジョブ完了」と表示されたらバックアップ完了です。

ジョブ完了

バックアップデータの確認方法

WordPressの管理画面、①「BackWPup」→②「バックアップ」をクリックします。

バックアップ

このようにバックアップしたデータが確認できます。

「ダウンロード」をクリックするとバックアップファイルを自分のPCにダウンロードできます。

ダウンロード

WordPressバックアップデータの復元

ここからはバックアップファイルをつかってWordPressを復元する方法を説明します。

以下の2つの方法について説明します。

はWordPressブログのバックアップの2つの方法

①レンタルサーバーが提供するバックアップサービスを利用する

②WordPressのプラグインBackWPupをインストールして使う

まずは「①レンタルサーバーが提供するバックアップサービスを利用する」の復元方法です。

エックスサーバーの自動バックアップ機能からの復元

まずはエックスサーバーの自動バックアップ機能を使った復元方法です。

以下の2つを復元します。

  • WordPressファイルの復元
  • データベースの復元

WordPressファイルの復元

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

赤枠の部分に「サーバーID」と「パスワード」をいれて、「ログインする」をクリックします。

サーバーパネルにログイン

サーバーIDとパスワードは、契約時のメールに記載されています。

サーバーパネルで赤枠の「バックアップ」をクリックします。

バックアップの画面が表示されるので、①「自動バックアップから復元」を選択して、②のチェックを入れて、③「復元を開始」をクリックします。

データベースの復元

次にデータベースの復元をします。

今度は、サーバーパネルで「MySQL復元」をクリックします。

MySQL復元

MySQL復元のページが表示されるので、復元したい日時を選択して「復元」をクリックします。

復元したい日時を選択
KOHEI

わからなくなったらエックスサーバーに問合せもできますよ。

復元したいデータベース名を確認するには

復元したいデータベース名やMySQLユーザー名、パスワードを確認したい時には、サーバーパネル赤枠の「WordPress簡単インストール」から確認できます。

「WordPress簡単インストール」をクリックします。

「WordPress簡単インストール」

WordPressのデータベース名やMySQLユーザー名、パスワードなどが確認できます。

簡単インストール

プラグインBackWPupからの復元

次は「②WordPressのプラグインBackWPupをインストールして使う」の復元方法です。

以下の2つを復元します。

  • WordPressファイルの復元
  • データベースの復元

WordPressファイルの復元

WordPressの管理画面、①「BackWPup」→②「バックアップ」をクリックします。

①「BackWPup」→②「バックアップ」

「ダウンロード」をクリックしてバックアップファイルを自分のPCにダウンロードします。

バックアップファイルを自分のPCにダウンロード

次にダウンロードしたファイルを契約しているレンタルサーバーのWordPressファイルに上書きしていきます。

Xサーバーで説明します。

エックスサーバーのアカウントログインからログインします。

アカウントログイン

先ほどのサーバーパネルではなく、アカウントログインです。

赤枠の「ファイル管理」をクリックしてファイル管理に移動します。

ファイル管理

ファイルル管理をひらいて、「public_html」にBackWPupでダウンロードしたバックアップしたデータをコピー&ペーストで上書きします。

この時に以下の4つのファイルはアップロードをしないようにします。

  • backwpup_readme.txt
  • *******.sql
  • manifest.json
  • ****.pluginlist.****-****.txt

データベースの復元

サーバーパネルからphpMyAdminにログインして、データベースのカテゴリ内にある「phpmyadmin」をクリックします。

phpMyAdminにログイン
KOHEI

またサーバーパネルです。

「phpmyadmin」の認証フォームが表示されますので、データベースに接続するためのユーザー名とパスワードを入力します。

phpMyAdminにログイン

ユーザー名、パスワードを確認したい時には、サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」から確認できます。

phpMyAdminにログイン完了後、対象のWordPressのデータベースを選択してください。

対象のデータベースを選択したら、上部のインポートタブをクリックします。

SQLファイルをアップロードします。

取得したバックアップファイルからSQLファイルを選択し、「実行」をクリックします。

これでデータベースの復元は完了です。

KOHEI

初心者にはハードルが高いかもしれんせんね。

まとめ|ブログのバックアップと復元方法

ブログを運営してトラブルにあうことがあるかもしれません。

万が一の時に備えて大切なブログのバックアップしておきましょう。

ここではWordPressブログのバックアップの2つの方法を解説しました。

はWordPressブログのバックアップの2つの方法

①レンタルサーバーが提供するバックアップサービスを利用する

②WordPressのプラグインBackWPupをインストールして使う

初心者には、レンタルサーバーが提供するバックアップサービスを利用するのが圧倒的にお勧めです。

エックスサーバーでは無料の自動バックアップ機能を提供していますので、まずはこれを利用しましょう。

\  7/21まで初期費用0円&月額20%OFF!/

レンタルサーバーと契約をしたときに、すでにバックアップサービスが含まれているというのは安心ですし手間もかかりません。

プラグインBackWPupも合わせて使うのが良いと思いますが、レンタルサーバーのサービスと比較すると設定や復元が知識の少ない人にはやっかいです。

そんな理由から初心者は特にバックアップサービスのあるレンタルサーバー会社を選ぶのがおすすめです。

同時に、WordPressのプラグインBackWPupをインストールしてバックアップを取っておけば、さらに安心ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次